カジ旅のルーレットで使えるおすすめの攻略法は?

カジ旅のルーレットで使えるおすすめの攻略法は?

ルーレットは賭け方のバリエーションが非常に豊富ですが、選択肢が多すぎるために初心者にとっては戸惑いやすい部分があり、どのようにベットするべきか迷ってしまうという方も多いでしょう。

この記事ではルーレットで使えるおすすめの攻略法を紹介していくので、ぜひ目をとおしてみてください。

フラワーベット法

フラワーベット法はルーレット固有の攻略法です。

任意の1箇所の数字を取り囲むように9枚のチップを置いていく賭け方で、その様子が花のように見えることからフラワーベット法と名づけられました。

フラワーベット法でベットするチップの内訳は以下のとおりです。

賭け方配当数量
ストレートアップ36倍1
スプリットベット18倍4
コーナーベット9倍4

たとえば「20」の数字を中心にフラワーベット法を実践する場合、ストレートアップ(1点賭け)にチップを1枚、上下左右にまたがる形でスプリットベット(2点賭け)を1枚ずつ、四隅にコーナーベット(4点賭け)を1枚ずつベットしていきます。

チップをベットする箇所が多いので慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、慣れれば短時間でベットできるのでテーブルゲームだけでなくライブカジノでも実践することが可能です。

フラワーベット法のメリット

フラワーベット法の最大のメリットとして、リターンの大きさとリスクの小ささを両立している点が挙げられます。

たとえば「20」を中心にフラワーベット法を実践した場合、20が出るとストレートアップと4つのスプリットベットと4つのコーナーベットすべての配当を合計した144倍の賞金を獲得できます。

一方で、20を囲む8つの数字(16,17,18,19,21,22,23,24)のいずれかが出た場合でも36倍もしくは9倍の配当を獲得できるため、1点賭けと比較してリスクを大幅に低減することが可能です。

フラワーベット法ではリスクを分散させつつ大きなリターンを狙えるので、ルーレットで遊ぶ際はぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

フラワーベット法のデメリット

フラワーベット法はひとつの数字を囲むようにチップを並べていくため、ベットできる数字が限られるというデメリットがあります。

具体的にいうと、フラワーベットが有効な数字は5,8,11,14,17,20,23,26,29,32の10箇所であり、ルーレット盤に刻まれている数字のじつに1/3以下となります。

また同じ金額のチップを9枚同時にベットする必要があるため1ユニットあたりの金額が大きくなりやすく、フラワーベット法を実践するにはある程度の資金を要する点にも注意してください。

ルーレットの攻略法の詳細を知りたい方はこちら⇒ルーレットで使える空回しについて詳しく解説

2コラム・2ダズン法

2コラム・2ダズン法ではその名のとおり、コラムベットとダズンベットにそれぞれ2箇所ずつベットします。

数ある攻略法の中でも特にリスクの低い方法なので、少ない軍資金を底上げしたい場合やコツコツと利益を増やしたい方にはおすすめです。

2コラム・2ダズン法のメリット

前述のとおり2コラム・2ダズン法はコラムベットとダズンベットに2箇所ずつベットする攻略法です。

コラムベットとダズンベットはどちらも3箇所なので、2コラム・2ダズン法はかなり高い勝率を備えた攻略法であるといえるでしょう。

たとえば上の画像の場合、全37箇所のうち外れは0,27,30,33,36の5つのみであり、的中率は32/37=86.48%に達します。

また32箇所のうち16か所はコラムベットとダズンベットの重複しており、的中すれば6倍の配当が獲得することが可能です。

2コラム・2ダズン法のデメリット

前項で説明したとおり、2コラム・2ダズン法はコラムベットとダズンベットと重複する数字が出れば6倍の配当を獲得できます。

しかし一方でコラムベットとダズンベットが重複しない箇所の配当は3倍となり、的中しても収支はマイナスとなってしまいます。

仮に1箇所あたり$1をベットした場合、重複する箇所で$2のプラス、重複しない箇所で$1のマイナス、まったくの外れなら$4のマイナスとなる計算です。

このように2コラム・2ダズン法は収支の起伏が非常に穏やかであり、まとまった利益を得るには長期的に試行する必要があるので、手っ取り早く利益を得たいという方にはおすすめできません。

べアビック法

べアビック法は「0」と「00」と任意の1箇所を除いた35箇所に同額のチップをストレートアップでベットするという攻略法です。

ベットする箇所が事情の多くライブカジノで使うことは難しいので、テーブルゲームのルーレットで実践することをおすすめします。

べアビック法のメリット

べアビック法のメリットは、35/37=94.59%という非常に高い的中率を誇る点にあります。

ストレートアップベットの配当は36倍なので、予想が的中しても1箇所あたりのベット額と同じ金額しか利益になりませんが、予想が外れなければべアビック法を実践した分だけ利益になるので、初心者でも使いやすい攻略法だといえるでしょう。

べアビック法のデメリット

べアビック法は同じ金額のチップを35箇所にベットする必要があるため、実践するためにはある程度の資金が必要となります。

たとえばミニマムベット額の金額が$0.10だった場合、最低でも$0.10×35=$3.5の資金が必要となる計算です。

合計で$3.5をベットしても得られる利益はたったの$0.10なので、べアビック法も2コラム・2ダズン法と同様に時間をかけられない方にはおすすめできません。

ルーレット以外のカジノゲームについて詳しく知りたい方は「カジ旅で遊べるカジノゲーム一覧」も併せてチェックしてみてください。

カジ旅で遊べるカジノゲームを一覧で紹介!

まとめ

短時間で手っ取り早く利益を得ることを目的としたものからコツコツと長い時間をかけて利益を積み重ねていくものまで、ルーレットにはさまざまな攻略法が存在します。

どの攻略法にもメリットとデメリットがあるので、自分のスタイルに合った戦略を選ぶように心がけてください。