カジ旅のブラックジャックで使えるおすすめの攻略法は?

カジ旅のブラックジャックで使えるおすすめの攻略法は?

ブラックジャックは数あるカジノゲームの中でも特に戦略性が高く、基本的な戦略を知っているかどうかで勝率に大きな差が生じます。

この記事ではブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーについて解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ベーシックストラテジーとは?

ベーシックストラテジーとはブラックジャックにおける基本的な戦略をまとめたものです。

ベーシックストラテジーでは数学的に導き出した状況ごとに最適なアクションが表にまとめられているので、表を参照するだけで数学的な最適なプレイを初心者の方でも簡単に実践することが可能となります。

ベーシックストラテジーはハードハンド、ソフトハンド、スプリットの3種類に大別できます。

ここではハードハンド、ソフトハンド、スプリットそれぞれのベーシックストラテジーについて解説していくので、ぜひ目をとおしてみてください。

ハードハンド

まずはハードハンドにおけるベーシックストラテジーについて解説します。

ハードハンドは手札に「A」が含まれていないハンドを指す用語です。

手札に「A」が含まれている場合には後述するソフトハンドのベーシックストラテジーを参照してください。

2345678910A
8
以下
HHHHHHHHHH
9HDDDDHHHHH
10DDDDDDDDHH
11DDDDDDDDDH
12HHSSSHHHHH
13SSSSSHHHHH
14SSSSSHHHHH
15SSSSSHHHRH
16SSSSSHHRRR
17
以上
SSSSSSSSSS

上記の表はハードハンドにおけるベーシックストラテジーについてまとめたもので、一般にストラテジーチャートと呼ばれます。

縦軸の数字はプレイヤーの手札のカードの合計値を、横軸の数字はディーラーのアップカードの数値をあらわしています。

表中のアルファベットの意味は以下のとおりです。

  • S:スタンド(カードを引かずに勝負するアクション)
  • H:ヒット(カードを1枚引くアクション)
  • D:ダブルダウン(掛け金を2倍に増やし、カードを1枚引いて勝負するアクション)
  • R:サレンダー(掛け金を半分に減らして勝負から降りるアクション)

たとえばプレイヤーの手札が「4」と「J」でディーラーのアップカードが「9」だった場合、手札の合計値は14となるため、ストラテジーチャートに照らし合わせると数学的に最適なアクションはヒットであることがわかります。

続いてヒットで「6」のカードを引いたと仮定した場合、手札の合計値は20となるため、同様にストラテジーチャートと照らし合わせて次はスタンドを選択するべきであると導き出すことが可能です。

ソフトハンド

続いて、ソフトハンドにおけるベーシックストラテジーについて解説していきます。

ソフトハンドはAが含まれている手札を指す用語です。

2345678910A
2HHHDDHHHHH
3HHHDDHHHHH
4HHDDDHHHHH
5HHDDDHHHHH
6HDDDDHHHHH
7SDDDDSSHHH
8SSSSSSSSSS
9SSSSSSSSSS

上記の表はソフトハンドのベーシックストラテジーチャートです。

横軸はディーラーのアップカードの数値を、縦軸はプレイヤーの手札のうち「A」ではない方のカードの数値を表しています。

もう片方の手札が「10」だった場合にはブラックジャックが成立し、また両方とも「A」の場合には後述するスプリットハンドに分類されるため、表の縦軸は「2」~「9」までとなっています。

ハードハンドのストラテジーチャートと同様にSはスタンド、Hはヒット、Sはダブルダウンを意味しているので、読み間違えないよう注意してください。

スプリット

最後に、手札が2枚とも同じ数字のカードだった場合のベーシックストラテジーについて解説します。

下記の表はスプリットハンドにおけるベーシックストラテジーチャートです。

2345678910A
2PPPPPPHHHH
3PPPPPPHHHH
4HHHPPHHHHH
5DDDDDDDDHH
6PPPPPHHHHH
7PPPPPPHHHH
8PPPPPPPPPP
9PPPPPSPPSS
10SSSSSSSSSS
APPPPPPPPPP

チャートの横軸はディーラーのアップカードの数値を、縦軸はプレイヤーの手札でペアを構成しているカードの数値をあらわしています。

表中のS・H・Dというアルファベットが意味するアクションはこれまでに紹介したチャートと同様ですが、Pはスプリットを意味しています。

スプリットとは2枚のカードをそれぞれ独立したハンドに分割するアクションで、2枚の手札が同じ数字のカードである場合にしか選択することができません。

スプリットハンドのストラテジーチャートに照らし合わせると、たとえばプレイヤーの手札が「9」のペアでディーラーのアップカードが「7」の場合にはスタンドですが、手札が「A」のペアであれば無条件でスプリットが最適解であることがわかります。

ブラックジャック以外のカジノゲームについて詳しく知りたい方は「カジ旅で遊べるカジノゲーム一覧」も併せてチェックしてみてください。

カジ旅で遊べるカジノゲームを一覧で紹介!

まとめ

ベーシックストラテジーでは状況ごとに最適なアクションを数学的に導き出しているため、チャートを参照すれば初心者でも熟練者と遜色ない戦略的なプレイをすることが可能です。

本気で勝ちを狙うなら避けてはとおれない重要かつ実践的な戦略なので、ブラックジャックをプレイする際はぜひ参考にしてみてください。